カートを見る

こんにちは!鴇田英之です

  • 安東京平presents
    「鴇田金管奏法教室 札幌分室vol.1」
    ご覧いただきありがとうございます!

    初めましての方が多いと思いますので軽く自己紹介をさせていただきます。

    まずめずらしい苗字ですがこの字で「ときた」と読みます。鳥のトキですね。
    現在は茨城県水戸市在住で、鴇田金管奏法教室のほか、中学校・高校での勤務や音楽家と地域をつなぐ活動など、レッスン・演奏以外にも多様な活動を行っています。
    どうぞよろしくお願いいたします!

    今回のプレゼンターであるユーフォニアム奏者の安東京平くんは大学時代の同級生で、国立音楽大学で学生時代を共にした友人です。初めて会ったのは高校2年生のソロコンテストの全国大会でした。それ以来の付き合いなのでもう随分長い付き合いになります。

    現在も安東くんに僕が指揮する吹奏楽部にレッスンに来てもらったり、僕が安東くんが指揮する吹奏楽団の合奏をしに行ったりと、今でも仲の良い友人です。

    そんな古くからの友人である安東くんからのお誘いで今回、札幌にてレッスン会を開催させていただくことになりました。安東くんの故郷でのレッスン会ということもありとても楽しみにしています!

    さて、レッスンの詳細について少しお話しさせていただきます。

    学生時代からコンクールでバンバン入賞して大活躍してきた安東くんとは対照的に、僕は学生時代は練習すればするほど迷宮にはまり込みどんどん調子を崩していきました。自分の思い描く演奏からはどんどん遠ざかり、大学院に入学した直後には発音することさえできなくなってしまいました。

    楽器の演奏で入学した大学院で音を出すことさえできなくなる状況がどれだけ辛いものかは想像に難くないと思いますが、塞ぎ込んでいても仕方ないので、もう徹底的に研究したんです。

    で、調べていくと往年の巨匠たちが残したメソッドや彼らの言葉を紡いで書籍化したもの、音響学的に分析したものや、生理学的見地からまとめたものなど、多数の書籍や論文が既にあり、「こんな状態が理想的だ」という情報は出揃っているように感じました。

    であれば、その情報の数々を自分の体に再現することができる練習方法を編み出すことができれば良いではないか、と当時の僕は考えたわけです。

    まあ、言うは易しですね。
    実際始まってみるとそう簡単なものではなくて…

    何が簡単ではないか、簡単にいうと今まで信じてきた既成概念を否定する必要があったんですね。

    例えば、金管楽器は唇の振動を楽器に響かせて増幅して音にしている、というところからそもそも事実ではないのです。
    とすると、アンブシュアを整えるために必要なものは鏡ではありません。

    アンブシュアは演奏の結果としてその形になっているだけであって、原因となるものはもっと根本的な部分にあります。

    そもそも唇の振動を共鳴させて発音しているわけではないので、口の形や振動作りに集中するのは発音の本来の仕組みとは異なります。

    じゃあどうしたら良いのか、
    そろそろレッスンで何をするかお話しします。

    唇の振動は、本当は、楽器と息の流れとの共同作業によって「結果的に」引き起こされるものです。

    ですので僕のレッスンでは「息の流れで歌を歌うように演奏する」というところをゴールに定めています。

    とはいえ、それを実現するにはアンブシュアとか発音とか多くの問題が絡んできますよね。

    では、どうしたらそれが可能になるのでしょうか。

    それは「息の導線に沿って順番に(パズルのピースをはめるように)吹き方を整えること」です。

    ブレスはもちろん大切ですが、それだけで全てを解決することはできません。

    ブレスに加えて、発声の考え方や響かせ方を生かし、口の中の形を最適化し、息の流れが自然と音として発音される状態に整える。

    すると、これら全てが噛み合った時にようやく、息の流れで歌を歌うように演奏できる状態になるのです!高音域だって裏声で歌ってるかのように演奏できます。

    こんな話をするとすごく難しいことをするんじゃないかと思いますよね?

    自慢したいのはそれを10秒ほどで、楽器がなくても・いつでも・どこでも・どなたでもできるルーティンに落とし込むことができたことなんです!
    (すごいでしょ?同時に胡散臭いと思われるかもしれませんが、僕自身もそれによって克服して演奏活動を再開することができたのです)

    実際のレッスンでは、
    ①まず呼吸について正しく理解して整え、
    ②声を響かせるように楽器を響かせられるようになる発声練習をして、
    ③口の中の形を最適化して、
    ④マウスピースの練習で①〜③を体に覚えこませます。
    ⑤そうして奏法の課題をクリアにした上で基礎練習や曲のレッスンに入っていきます。

    慣れれば10秒くらいでできるこのルーティンを覚えてしまえば、あとは自分で継続することで、日々体に理想的な状態を覚え込ませて良い状態をキープしながら日を追うごとに技術を向上させていくことができます。

    すると練習は効率化され、時間が生まれます。

    その時間で音楽への理解を深め、より高いレベルで音楽表現を楽しむこともできるでしょうし、仕事や勉強や家事や育児や…他の様々なこととも充実した両立ができるでしょう!

    つまり、このメソッドはただ楽器の悩みを解決するためだけでなく、音楽生活の質自体を向上させてくれます。

    そんな変化を、ぜひあなたにも体感してください♫

    3月12日・13日は札幌市生涯学習センター「ちえりあ」音楽スタジオAでお待ちしております。

    これまでも全国津々浦々、たくさんの方にその劇的な変化に驚いていただいてきました。
    (目指しているのは音楽生活の向上であって、驚かせるためにレッスンしているわけじゃないのはここまで読んでくださったあなたにはわかっていただけると思いますが笑)

    そんな喜ぶ顔を見るのが大好きでこの教室を続けています。

    特に初回は結構劇的に変わる人も多いので、今回初めての方にお会いできることが本当に楽しみです!!

    長文呼んでいただいてありがとうございました!

    では、ちえりあでお待ちしております!


【 あと 4 枠 】
お申込みはこちらから
完了後、下記フォームからお悩みや課題をお聞かせください
(今回の料金は通常料金に出張旅費の一部を加算した価格です)

3月12日
9:30〜11:00
  • 販売価格
  • 13,000円
  • (税込み)
3月12日
11:10〜12:40
  • 販売価格
  • 13,000円
  • (税込み)
3月12日
13:40〜15:10
  • 販売価格
  • 13,000円
  • (税込み)
3月12日
15:20〜16:50
  • 販売価格
  • 13,000円
  • (税込み)
3月12日
18:00〜19:30
  • 販売価格
  • 13,000円
  • (税込み)
3月13日
9:30〜11:00
  • 販売価格
  • 13,000円
  • (税込み)
3月13日
11:10〜12:40
  • 販売価格
  • 13,000円
  • (税込み)
3月13日
13:40〜15:10
  • 販売価格
  • 13,000円
  • (税込み)
3月13日
15:20〜16:50
  • 販売価格
  • 13,000円
  • (税込み)
3月12日
13:40〜15:10
  • 販売価格
  • 13,000円
  • (税込み)

悩みや課題をお聞かせください
(お問い合わせもこちらから)

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信
利用規約・プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。

会場情報

札幌市生涯学習総合センター ちえりあ
両日とも「音楽スタジオA」で行います。

地下鉄 東西線:宮の沢駅下車
地下直結通路:徒歩約5分
(大通駅~宮の沢駅:約15分)

駐車場
西友宮の沢店駐車場と共用
(640台収容可能)駐車料金
1時間無料。以降、30分毎に100円
(注)ちえりあをご利用される方は、ちえりあ内駐車券認証機を通すと、さらに1時間無料。 

お会いできること楽しみにしてます♫